キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 墓石の各名称について : 墓石の口コミ

墓石の各名称について

石碑、水鉢、花立、香炉、そして拝石とカロートは、和型墓石、洋型墓石に共通しており、灯篭、塔婆立、墓誌は、和型墓石のみに設置されます。

墓石の口コミmainimage

墓石の各名称について

石材店に出向いて墓石選びを行なう前に、自分でも墓石の各名称を知っておくと、細かいリクエストや交渉、そして疑問点を質問する際に役に立つでしょう。

和型墓石、洋型墓石に共通するものは、石碑、水鉢、花立、香炉、そして拝石とカロートです。

石碑は、竿石とも呼ばれる石の墓標で、埋葬をしたという目印で建てられます。

和型墓石は縦長で背が高く、洋型墓石は横長で背が低いのが特徴です。

石碑の前には、中央に水を捧げる為の水鉢、その両脇に左右一対であるのが花立です。

段が一段下がったところにあるのが、香炉で、ここに線香を供えます。

くり抜き部分に線香を寝かせて供えるタイプと、立てて供えるタイプの香立があります。

カロートと呼ばれる納骨棺の開閉部にあり、蓋の役目をするのが拝石で、骨壷はこの拝石を上げて納めることになります。

カロートには、コンクリート、または御影石が使用されており、一段地上納骨と地下にも納骨スペースがある二段納骨の2つのタイプがあります。

さらに和型墓石には、お墓の荘厳を演出する為の灯篭、塔婆立、そして墓誌が設置されており、この3つは洋型墓石と異なる点です。

浄土真宗を除き、納骨や年忌法要の際には、塔婆立に卒塔婆が立てられます。

塔婆立は石碑の後ろ、または外柵に組み込まれます。

戒名、死亡年月日、俗名、そして享年が刻まれている石が墓誌です。

複数の遺骨が納められているお墓では、納められた順に右側よりこれらが刻まれていきます。